VIEW MORE

​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–––​–

千歳台の木造長屋

リノベーション 

​–

主要用途:長屋

構造:S造

施工:山本建築事務所

所在地:東京

竣工:2009

東京都世田谷区で戸建て住宅のリフォームを行った。もとは社宅として作られた二家族のための長屋で、左右ほぼ同じ平面の家となっていた。玄関や水回りも2つあり、建物の真ん中には階段室が2つある、これによりそれぞれ小分けになった小さな部屋が並んでいた。 とても変わったプランの家だけど、立地がよく、駐車場がついていて、手頃な価格である。そこで施主からこの住宅をリフォームして広々と快適に暮らし、また同時に不動産収入も得られる有効なリノベーションは出来ないか、とご相談を頂いた。

施主の主なご要望は、世帯分けの壁の位置を変更しオーナー住居を広げること、2階にあったキッチンを3階に移動させ生活空間を明るい3階におくこと、3階の壁をぬいて部屋をつなげること、一部天井をはがして空間を広くすること。  現場では大工と相談しながら、構造的に問題のない範囲で壁の配置を調整。解体により現れた柱梁はそのまま露出させ、空間のヴォリュームとともに木造本来の手づくりの魅力を取り戻した。また、新たに作る天井や建具は、その質感にあわせるように、ラワン合板にオイル塗装としている。 地下の洗面台は、知り合いの家具職人が以前の住居用に製作した、注文家具を転用。洗面器と水栓をはめ込み再利用した。長年使用してきた風合いも手伝って、しっくりと納まった。  ラフさを残しながらも、ひとつひとつものづくりの楽しさと丁寧な仕事をこめたリフォーム住宅となりました。